ワキ脱毛は汗増えるって本当?ウワサ?

ワキ脱毛をすると汗増えるというウワサがありますが、これは嘘です

実際にワキ脱毛をした方は汗が減るように感じるかもしれませんが、汗が減るのではなく通気性がよくなっているからそう感じるのです。
脱毛をすると少なからず新陳代謝が活発になり、汗をよくかくようになります。

肌表面に付着する汗が増えるのは、指で触れてみるとよくわかるでしょう。

ただし、ムダ毛がなくなることで通気性は向上するので、汗をかいてもすぐに乾燥してくれるのです。
それによって結果的にワキガの臭いを抑えることにつながります。

ワキ脱毛をして汗増えることになっても、すぐに体臭につながるわけではありません。
汗は発生した直後はサラサラしており、あまり臭いはないのです。

時間を経ることでワキガ特有の臭いに変化していくため、入浴後にワキを乾燥させてすぐにデオドラントを使用すれば問題ありません。
デオドラントは制汗作用があるので、脱毛後のワキ汗を減らしてくれるでしょう。

毛穴をカバーすることで発汗を抑えて、さらに雑菌も抑えて臭いを発生させないのです。
汗と雑菌が混合するとワキガが発生するので、これらを抑えていく対策が必要となります。

ワキ脱毛後に汗増えると感じるかどうかは、衣服によっても左右されます。

通気性の悪い下着を着用していると汗が増えますが、逆に通気性のよい下着だと汗が減ったように感じることもあるでしょう。
衣服によって速乾性が変わってきますから、感覚的に汗の量も変わったように感じるのです。

ワキ脱毛の口コミをご紹介【※オススメのサロンはココ!】へ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ