ワキ脱毛でワキガになるって嘘でしょ?!

ワキ脱毛でワキガになる?!

ワキ脱毛を施術した場合、ムダ毛が一切無くなるので見た目が著しく美しくなります。

しかし、多くの女性達の中で心配されているのは、ワキ脱毛により綺麗になれたもののワキガになり強烈な臭いを発するようになることです。

見た目が良好になったのにも関わらず、ワキガになるのは本末転倒と言えるでしょう。
他にはワキ脱毛により発汗量が増加してしまったという報告やワキガ程強くないものの、以前より臭いが気になるようになったという事例もあります。

理論上はワキ脱毛を行なうことにより、毛穴から物理的に毛が除去されるため引き締められて雑菌が活発化することは無くなるはずです。

それでもワキガのように感じてしまうのは、精神的に感じている不安が大きく関与していると言えます。

つまり、ワキ脱毛自体が要因になっているわけではなく、せっかくワキ脱毛を行ったのにワキガになったかもしれないという精神面での心配事が汗の質を変化させてしまい、ワキガに似た体臭を放っているわけです。
また、脱毛を講じると脇毛によって絡み取られるといった恩恵が得られなくなるので、次々と下部に向かって流れていきます。

常時下部に伝うことで焦りを感じ、体臭が強くなってしまうため焦りを無くすことから始めていきましょう。

今日では無料のカウンセリングを受けることもできるため、少しでも心配事があるのなら、気軽に相談してワキガ診断をして頂くと良いでしょう。
こうした点から、ワキ脱毛により体質が変化することは有り得ないと言えます。

ワキ脱毛の口コミをご紹介【※オススメのサロンはココ!】へ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ